健康情報・レシピ

健康に関するお得な情報やレシピなども盛りだくさん

ためになる健康クッキング&なるほど豆知識 ダイエットや美容健康維持のコツが満載のレシピや豆知識をご紹介します!
最新の「健康クッキングレシピ」はこちら
最新の「なるほど豆知識」はこちら

[NEW]健康クッキングレシピ

【材料】(4人分)
●里芋200g
●白玉粉100g
●水適量
●海老2尾
●人参4㎝
●シメジ1/2パック
●ゴボウ30g
●三つ葉少々(みじん切り)
●揚げ油適量
<調味料A>
●酒・みりん・醤油各大さじ1/2
●片栗粉小さじ2
<調味料B>
●だし1カップ
●醤油大さじ1と1/2
●水溶き片栗粉少々
●三つ葉少々
●柚子皮1個分

vol.23

里芋饅頭べっこうあんかけ
作り方
  1. 里芋は皮つきのまま蒸します。茹で上がったら皮をむき、潰します。白玉粉を加えて耳たぶの固さにこねます。(水で固さを調整します)
  2. 人参はモミジの葉などの秋の形に型抜きします。型抜きした人参の余りと海老、ゴボウ、三つ葉はみじん切りにしてAの調味料で軽く煮ます。
  3. ①で②を包んで団子状に丸め、ラップをかけて電子レンジ(600w)で約1分加熱します。そのあと160℃の油でさっと揚げます。
  4. 調味料Bと型抜きした人参、食べやすい大きさに切ったシメジを合わせて3分火にかけます。水溶き片栗粉でトロミをつけて③の里芋饅頭にかけます。三つ葉、針柚子を天盛りにします。
ポイント
里芋は芋類の中ではエネルギーが低く、体内の余分なナトリウムを排出してくれるカリウムや糖質の分解を助けるビタミンB1、カルシウムなどが豊富に含まれています。里芋のぬめりは、水溶性食物繊維の「ムチン」という成分。胃の粘膜保護や整腸作用があるほか、肝臓や腎臓の働きを高め、免疫力を向上させるとされる成分です。
バックナンバー
ページの先頭へ

[NEW]なるほど豆知識

vol.76
肌荒れにニンジンパック

ニンジン1本をすりおろし、小麦粉小さじ1杯を入れてペースト状になるまで混ぜ合わせ、そのままお肌の気になるところに塗ります。10分ほど経ったらきれいに洗い流せばOK。ニンジンに豊富に含まれるβ-カロテンには新陳代謝を促して肌を活性化し、毛穴を引き締める効果があり、ニキビやニキビ跡、小ジワ対策などに有効です。すりおろす時に汁気が多い場合は、そのままコットンにしみ込ませてパッティングしても同様の効果が得られます。

※各項目の活用は自己責任で行ってください。

vol.75
靴下の汚れとニオイとり

ガンコな靴下の汚れとニオイをきれいに取るには重曹と酢を使います。濡らした靴下に重曹をもみ込み、しばらくおいてから洗濯機でふつうに洗います。すすぎのあとに酢を入れた水にしばらくつけてから絞って乾かすと嫌なニオイもとれます。それでも落ちない頑固な汚れには固形の洗濯石けんと洗濯板、洗濯ブラシが有効です。水でよく泡立てて汚れの部分を洗濯ブラシで丹念にこするときれいになります。手間ですが、昔ながらの方法はやはり大切なのです。

vol.74
刺身のつまでサクサク天ぷら

刺身のつまには野菜や海藻が使われますが、最もよく見かけるのは大根です。この大根、どうしても食べきれずに残ってしまいがち。もったいないのでサラダにするという方は多いと思いますが、天ぷらにすると結構いけるんです。刺身のつまを冷水につけてパリッとさせてから、天ぷら粉をつけて揚げます。歯ごたえのよいかき揚げのような食感で、とても美味しくいただけますよ。

vol.73
コーヒーの香りを長く保つ

レギュラーコーヒーの香りは時間が経つと飛んでしまうのが難点。冷蔵庫での保存はコーヒーの吸臭作用で庫内のニオイが移るのでNG。おススメはニオイの少ない冷凍庫です。焙煎したコーヒー豆の水分含有率は1%程度なので変質する心配がなく、使う時に解凍の必要もありません。豆なら約3ヵ月、粉でも1ヵ月は挽きたての香りを保てます。ただし、冷凍庫から出すと急な温度上昇で劣化しやすいので、飲む時は必要量だけを出してすぐ使うのがポイントです。

バックナンバー

モンドセレクション受賞商品 「ノニ濃縮ソフト」、「金時ショウガもろみ酢濃密ソフト」など、DMJえがお生活が自信を持ってオススメする充実の商品ラインアップをぜひ一度ご覧ください。